神野小網(かみのこあみ)の部屋

HOME > 小網の部屋 (リストマップ) > 過去の栄光UWF > 「過去の栄光UWF」


日々いろいろ
遊びに行こう
観る聴く読む浸る
買い物三昧
スポーツ観戦
格闘技を見つめて
過去の栄光UWF
アニメの世界
趣味いろいろ
小網の散歩道
お、おかん!?

 小網ちゃんの

 

  メールはこちらへ

 

BBSへ投稿


 

HOME

j-medyトップページへ

 

 

★サイトマップ

 サイト内で迷子になった方へ

 

 

<趣味と日常のコラム>

神野小網の部屋へ

 

<ウェブ小説など>

神野琴子の部屋へ

 

<中間管理職の休息>

インフォメーションへ

 

◆ショッピング◆

★ショップサイトマップ

 

<定番のお買い物>

楽天市場 

 

 

 

TSUTAYA online

 

Sony Styleロゴ_120_60

 

◆姉妹サイト◆

 

ちょっと贅沢?
こだわりのお買い物

 

キャリアウーマンの
購入履歴

 

ミニショップサイトマップ

  

 

◆ 初代UWF・旧UWFの戦士達について ◆ 

= 過去の栄光UWF =

2003/10/01・UP


「過去の栄光UWF」

 

 

 それは昔。ほとんど事件と言うに近い状態で新しいプロレス団体が発足された。それを今では旧UWFと呼んでいる。本来ならば初代UWFというのが妥当であろう。TV放送も無く、解説もままならない状態。それでも淡々と、時には激しくリングの上ではバトルが展開されている。とてつもなく新しい技の連続でありながら、プロレスリングという名の元に以前からの有効な技が繰り広げられている。何故か社長である前田日明を筆頭に、藤原喜明・高田延彦・スーパータイガー(佐山聡)・木戸修・山崎一夫がそのメンバーである。

 ある日突然(策略的ではあるが)その団体、UWFが新日本プロレスのマットに還って来た。それはもう、「感動」の一言。それからというもの、関東地区でのプロレスは必ず現地へ観戦しに行っていました。後楽園ホール以外は。

 もちろん、新日本プロレスのリングなわけで、UWFが勝利を手にする事は困難だった。数々の試合、終了してみれば新日サイドの勝利なのだが、勝利に喜ぶ新日サイドの選手達が負っているダメージを見ると、どう見てもUWFの圧勝だ。そんな場面に何度も遭遇し、自己満足の優越感に浸る私であった。

 

by 神野小網(かみのこあみ)

  2003/10/01・更新

<<コラムリストへ  

<< この記事に投稿 >>



j-medy> 小網の部屋> 過去の栄光UWF> 過去の栄光UWF

 


 

 Google
Web

j-medy.com


このサイトに関する御意見・ご感想は↓こちらから、どうぞ。 
 
kymkkc@j-medy.com


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2004
"Copyright j-medy". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.