神野小網(かみのこあみ)の部屋

HOME > 小網の部屋 (リストマップ) > 観る聴く読む浸る > 「 マイボディガード・DVD 」


日々いろいろ
遊びに行こう
観る聴く読む浸る
買い物三昧
スポーツ観戦
格闘技を見つめて
過去の栄光UWF
アニメの世界
趣味いろいろ
小網の散歩道
お、おかん!?

 小網ちゃんの

 

  メールはこちらへ

 

BBSへ投稿


 

HOME

j-medyトップページへ

 

 

★サイトマップ

 サイト内で迷子になった方へ

 

 

<趣味と日常のコラム>

神野小網の部屋へ

 

<ウェブ小説など>

神野琴子の部屋へ

 

<中間管理職の休息>

インフォメーションへ

 

◆ショッピング◆

★ショップサイトマップ

 

<定番のお買い物>

楽天市場 

 

 

 

TSUTAYA online

 

Sony Styleロゴ_120_60

 

◆姉妹サイト◆

 

ちょっと贅沢?
こだわりのお買い物

 

キャリアウーマンの
購入履歴

 

ミニショップサイトマップ

  

 

◆ 映画鑑賞・TV・読書・音楽鑑賞について ◆ 

= マイボディガード・DVD =

2005/09/09UP


「 マイボディガード・DVD 」

マイ・ボディガード 通常版 〜
 

 ダコタちゃん(主人公の少女)はいつも危険にさらされますね。コールでもそうでしたし、次は宇宙戦争ですよ。どんどん過激になって行きますねぇ〜。

 ダコタちゃんはとっても可愛いくて妙に惹かれますよね。安達祐実にも似ていますが、なんだか、いつも叫んでいるダコタちゃんの声や悲しみに溢れ訴える目には、ついつい、ストーリーにのめりこまされます。大人になったらジョディーフォスターの代わりにクラリスを演じて欲しいですねぇ〜。

 一時は自殺まで試みた堕落したボディーガードがダコタちゃん演じるピタとの関わりから少しずつ自分を取り戻し、ピタに対する友情のような感情が生まれてくるのですが、その直後にピタが誘拐される事件が発生!この事件が発生するまでの長い事、長い事。アクションシーンを心待ちにしていたのでなお更です。しかし、、いざ、始まると・・・。ピタを殺されたと思っているボディガードさんは復讐を始めるのですが、何故かホラー&サイコ&オカルト?えっと、ハンニバルのようなセブンのようなキル・ビルのような世界でして、なんとも・・・。どんでん返しのつもりのピタの父のシーンも、それまでの、あまりの過激なシーンに「え、そうなの?」という気分になれないし。なんとも・・・。最初からキショイ映画だと分かっていれば、こんな事にはならなかったのね。ラストはあれでいいの?哀愁漂う映画になっていていいの?結局、あのピタちゃん家族に平和が訪れるのかが不安になる、映画の方向性が不透明な珍品です。

 とは言え、キショイ系の映画は嫌いでは無いので、ボディガードさんのずる賢さと、躊躇なき制裁は見応えがあります。が、なんの感動もありません。

 

by 神野小網(かみのこあみ)

  2005/09/09・更新

<<コラムリストへ  

<< この記事に投稿 >>



j-medy> 小網の部屋> 観る聴く読む浸る> マイボディガード・DVD

 


 


このサイトに関する御意見・ご感想は↓こちらから、どうぞ。 
 
kymkkc@j-medy.com


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2004
"Copyright j-medy". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.