神野小網(かみのこあみ)の部屋

HOME > 小網の部屋 (リストマップ) > 観る聴く読む浸る > 「リクルート」


日々いろいろ
遊びに行こう
観る聴く読む浸る
買い物三昧
スポーツ観戦
格闘技を見つめて
過去の栄光UWF
アニメの世界
趣味いろいろ
小網の散歩道
お、おかん!?

 小網ちゃんの

 

  メールはこちらへ

 

BBSへ投稿


 

HOME

j-medyトップページへ

 

 

★サイトマップ

 サイト内で迷子になった方へ

 

 

<趣味と日常のコラム>

神野小網の部屋へ

 

<ウェブ小説など>

神野琴子の部屋へ

 

<中間管理職の休息>

インフォメーションへ

 

◆ショッピング◆

★ショップサイトマップ

 

<定番のお買い物>

楽天市場 

 

 

 

TSUTAYA online

 

Sony Styleロゴ_120_60

 

◆姉妹サイト◆

 

ちょっと贅沢?
こだわりのお買い物

 

キャリアウーマンの
購入履歴

 

ミニショップサイトマップ

  

 

◆ 映画鑑賞・TV・読書・音楽鑑賞について ◆ 

= リクルート =

2004/01/27・UP


 「リクルート」

 

 

リクルートThe Ricruit 

 念願のリクルート(映画)を観てきました。アル・パチーノとコリン・ファレル。とってもカッコよかったです。コリン・ファレルのサンドバック相手にパンチしてるとこなんて、よだれもん。筋肉の腕に描かれた刺青も、なかなか哀愁が漂っていて素敵。基本的にはアル・パチーノの方が渋くて好きなんだけど、汚れたコリン・ファレルには一目惚れ。私って・・・。汚いのがお好き?

 ま、私はCIAとかFBIとかスパイとか法廷映画が好きなので。そんな人にはオススメの映画です。CIA関係の映画の中では、かなり実像に近くなっているそうです。

 罠、罠、そしてこの現実は・・・?終始、真実を求めている自分がいる。決して裏切りでは無いと信じたい最愛の者からの裏切りに、それが、ゲームだと分かっていても、自分なら耐えられるだろうか?ゲームだと知っていて、それを知らない振りで友にも口を閉ざしたまま、そのゲームを続け終えられるだろうか?心の痛みを深くするだけの生き方を選び、そして真っ直ぐに歩き始める。そんな彼を支えるのは、過去の父親の幻影でもなく、目の前の最愛の女性でもない。

 トリックであり、罠であり、ゲームであることを、この映画を観る全ての観客に悟られて(わざと悟らせていたのかも)いながらの、あのラストシーンには完敗。色々なショートサスペンスストーリを体験できる。と、いう感じ。監禁&拷問のシーンでは、コリン・ファレルの切ない瞳に胸キュン!です。 

 

by 神野小網(かみのこあみ)

*2004/01/27・更新

<<コラムリストへ  

<< この記事に投稿 >>



j-medy> 小網の部屋> 観る聴く読む浸る> リクルート

 


 

 Google
Web

j-medy.com


このサイトに関する御意見・ご感想は↓こちらから、どうぞ。 
 
kymkkc@j-medy.com


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2004
"Copyright j-medy". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.