神野小網(かみのこあみ)の部屋

HOME > 小網の部屋 (リストマップ) > 観る聴く読む浸る > 「Love Love Love」


日々いろいろ
遊びに行こう
観る聴く読む浸る
買い物三昧
スポーツ観戦
格闘技を見つめて
過去の栄光UWF
アニメの世界
趣味いろいろ
小網の散歩道
お、おかん!?

 小網ちゃんの

 

  メールはこちらへ

 

BBSへ投稿


 

HOME

j-medyトップページへ

 

 

★サイトマップ

 サイト内で迷子になった方へ

 

 

<趣味と日常のコラム>

神野小網の部屋へ

 

<ウェブ小説など>

神野琴子の部屋へ

 

<中間管理職の休息>

インフォメーションへ

 

◆ショッピング◆

★ショップサイトマップ

 

<定番のお買い物>

楽天市場 

 

 

 

TSUTAYA online

 

Sony Styleロゴ_120_60

 

◆姉妹サイト◆

 

ちょっと贅沢?
こだわりのお買い物

 

キャリアウーマンの
購入履歴

 

ミニショップサイトマップ

  

 

◆ 映画鑑賞・TV・読書・音楽鑑賞について ◆ 

= Love Love Love =

2003/12/01・UP


 「Love Love Love」

 

 

LOVE LOVE LOVE
嵐が来る
 

 ねえ、どうして・・・から始まるこのフレーズ。なんとも切ない気持ちで一杯になる。ドラマの中で何気なく耳にしてメロディーに酔いしれていたのを覚えている。あれから数年経った今、まだこうして、この歌を口にする。そして、カラオケで歌うにはあまりに切なすぎて、遠慮してしまう。

 どうして涙が出るのかを真剣に考えていると、過去の自分の色々な恋愛物語を思い出したりする。好きな人に好きだと言えない。愛している人に愛してると言えない。そんな切ない気持ちに覆われて本当の自分が闇の中へと進んでいく。振り返っても戻ってこない時間の中に、彼に伝えたかった言葉だけが、まだ私の心の中に存在していることに気付いた。

 ある日突然、最近の事ですが、またこの歌を口にしていた。すると、好きなのに好きだと言えない相手が私の記憶の中から蘇った。目を閉じて、想像の中だけでも、その人に好きだという気持ちを今更ながら伝えようとしたら、涙がぽろぽろと零れ落ちてきた。そう、どうして涙が出るのか・・・。それは、相手が私を思う気持ちより、私が相手を思う気持ちの方が大きいから。それが分かっているから。”好き”の気持ちの重さが相手と同じ位なら、簡単に言える言葉なのにね。

 恋をすると、大きく自分の行く道を変えてしまう小網でした。 

 

by 神野小網(かみのこあみ)

*2003/12/01・更新

<<コラムリストへ  

<< この記事に投稿 >>



j-medy> 小網の部屋> 観る聴く読む浸る> Love Love Love

 


 

 Google
Web

j-medy.com


このサイトに関する御意見・ご感想は↓こちらから、どうぞ。 
 
kymkkc@j-medy.com


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2004
"Copyright j-medy". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.