神野小網(かみのこあみ)の部屋

HOME > 小網の部屋 (リストマップ) > 日々いろいろ > 「 携帯メールは苦痛です 」


日々いろいろ
遊びに行こう
観る聴く読む浸る
買い物三昧
スポーツ観戦
格闘技を見つめて
過去の栄光UWF
アニメの世界
趣味いろいろ
小網の散歩道
お、おかん!?

 小網ちゃんの

 

  メールはこちらへ

 

BBSへ投稿


 

HOME

j-medyトップページへ

 

 

★サイトマップ

 サイト内で迷子になった方へ

 

 

<趣味と日常のコラム>

神野小網の部屋へ

 

<ウェブ小説など>

神野琴子の部屋へ

 

<中間管理職の休息>

インフォメーションへ

 

◆ショッピング◆

★ショップサイトマップ

 

<定番のお買い物>

楽天市場 

 

 

 

TSUTAYA online

 

Sony Styleロゴ_120_60

 

◆姉妹サイト◆

 

ちょっと贅沢?
こだわりのお買い物

 

キャリアウーマンの
購入履歴

 

ミニショップサイトマップ

  

 

◆ 日常生活での出来事 ◆ 

= 携帯メールは苦痛です =

2005/07/10・UP


 「 携帯メールは苦痛です 」

〜 ちょっと愚痴らせてね。 〜
 

 

 最近やたらとメールばかりしてくる友人がいる。しかも携帯メール・・・。これは私にとってかなり苦痛です。

 普通にパソコンでメールを書く時は、思った事をそのまま文字にできるので、なんの苦痛でもないのですが、携帯メールの場合、”きょう”と入力するときに、”か、き、や、ゆ、よ、小文字、あ、い、う”と、ボタンを押すのがとっても面倒。ストレスも最高潮に達するほど。そうしているうちに、時は流れ、返信予定だった文章も忘れてしまい、ついには翌日に日付が変わっている事も。先日も、友人の家に遊びに行く時、「今、駅に着いたよ」とメールを送信したのですが、その時すでに、彼女の家の前でした。電話の方が早いのに、その友人は「駅に着いたらメールして!」とメールを送ってくるのだ。

 携帯メールが使いこなせない私の事を知っている人は、要件のみのメールしか送ってこない。(普通はそうだよね!)私も、「了解!」とか「うん!」とかの返事しかしない。その私の短い返事に笑いが止まらない友人ばかりだったので、良かったのですが、この友人に限り、何度「私は携帯メールは苦手だから、要件に必要な返事しかしないから!」と言っても、ご理解頂けないご様子。いまだに返事が短い!と責められたり、世間話的なメールが送られてくる。なので、ほったらかしです。すると、「メールしてるのに返事がこないよぉ〜」とメールが来る。私いわく、「だから何?」って感じです。要件の無いメールを送られてもなぁ〜。しかも、その彼女の携帯メール、パソコンから送信すると文字化けして読めないって言うし!返事が欲しけりゃ携帯を変えてくれぇ〜!携帯メールで世間話をしたいなら、そういう友達同士でやればいいジャン。ね。

 こんな事言ってると、非常に冷酷な人に思われるかもしれませんが、用事があるなら要件をメールすればいいし、世間話がしたいなら、暇な時電話してってメールすりゃいいジャン!自分の意見に対して相手の反応が分からないメールは嫌いです。パソコンならまだ、可愛く返事もできるけど。やっぱり、電話で話すか、直接会って話すほうが楽しいな。しかも「こあみぃ〜!仕事してるの?明日なにしてるのぉ〜」なんてメール、どう返事すりゃいいのさぁ!電話の方が早いでしょ!会いたいなら、せめて「明日会える?」って内容にしてくれぇ〜!しかもその翌日には「メールしても返事ないねー、避けてるなぁ〜」って、こんなメール、どう返事すりゃいいのさ!「はい」とか「いいえ」で答えられないじゃん!

 と、かなり、携帯メールのストレスに苛まれている私ですが、その友人も知ってて送ってくるので怒っても、ただ笑っているだけで、あまり意味が無いのだ。なので、ちょっとここで愚痴らせて頂きました。

 そう言えば、過去最高記録、一つの文章に3日間かかった事もあったっけ・・・。

  「それって、こあみが悪いんちゃう?」

  「やっぱり、ウチのせい?」

  「うん。その友達、悪い事してへんやん!」

  「じゃ、携帯メール・・・・・・解約しよ!」

 

by 神野小網(かみのこあみ)

*2005/07/10・更新

<<コラムリストへ  

<< この記事に投稿 >>



j-medy> 小網の部屋> 日々いろいろ> 携帯メールは苦痛です

 


 


このサイトに関する御意見・ご感想は↓こちらから、どうぞ。 
 
kymkkc@j-medy.com


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2004
"Copyright j-medy". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.